故障するから、強くなる ~走るトレーダーのひと言もの申す!~

走るFXトレーダーが、伝統的な日本のマラソンの練習方法に、ひと言もの申ーす!ブログ。 月間走行距離を気にしなくても、記録が伸びる効率的な練習メニューや、故障せずにランニングを楽しめる練習メニューの作り方を公開中。 自己ベストは、2時間44分。目指すか、福岡国際。

自己ベストの予感 ~中大記録会1500m・日体大記録会5000m の大会結果~

「たぶん自己ベストが出るはず」

今シーズンの1500m・5000m 両レース前に
感じていたことです。

5月から本格的に始めたトレーニングは、
ここ数年間で、最も順調に進んでいました。

この自信が、冒頭の言葉に
つながったのだと思います。


で、結果はというと

・1500m:4分44秒93(2018.10.27 中大記録会)
・5000m:17分55秒93(2018.11.11 日体大記録会)

いずれも自己ワースト記録でした。

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビョーン


ここまで酷いタイムになるとは、
想定していなかったので、

レースが終わった直後は、
首をかしげるばかりでした。

あれ? あれっ?


でも、しばらく時間が経ち、
レース1週間前から当日までを
冷静に振り返ってみると、

このような結果に終わった
原因が見つかりました。


<原因たち>
・1500m:レース前1週間ほど、
       仕事がハードで身体が緊張しっぱなし
・5000m:1年ぶりの4時半起きで、
     前日ほとんど寝られなかった

結果が悪かったのは、
レース当日の体調が悪かったから。

ただそれだけのことでした。

それまで積んできた
レーニングに目が行き過ぎ、

レース当日までの過ごし方、
レース当日の体調を見落としていました。

なーんだ。

しかも、5000mの前日に、
よく寝られなかった原因の一つが、

敷布団とシーツとの間に、
ブランケットが挟まっていたことだと知った時には、

ほんとがっかりを通り越し、
笑うしかなかったです。

f:id:enishi-san:20181219115037j:plain

挟まっていたブランケット


今回の経験を踏まえ、

今後は、あまりにも体調が悪いときには、
レースを自重するのもありかなと思いました。

今回は、1500m・5000m という
短い距離のレースだったから、

自己ワーストの記録だけで済んだものの、

もっと距離の長いハーフマラソンやフルマラソンだったら、
身体へのダメージは、相当なものだったはずです。

実際に、かつて体調がひどすぎたとき、
フルマラソンを2度走ったことがありますが、

レース後どうなったかというと、

1回目は、1年半近い完全休養
2回目は、半年以上の故障、

となりました。

無茶・無理・無謀三兄弟とは、
なかなか距離がおけません。


レースを棄権することは、
とても難しいことです。

レーニングを順調に詰めていたら、
なおさら難しい。

でも、これからは
「こりゃ、いかんな」と感じたら、

レースの出場を取りやめることも
“時には”大切だなと思いました。


もし役に立ったら、次のボタンを押してもらえると、
今後の記事を書くモチベーションになります。

にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ