運動音痴ランナーのマラソン放言日記

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、マラソン・ランニング・世の中について ひと言もの申ーす!ブログ。目指すか、福岡国際。

ちょっと油断したら、練習が台無し ~8月28日(日)のポイント練習~

<練習メニュー>
・Tペース走5km/レペティション250m・ジョグ250m×4
・設定ペース:Tペース走が、3'35~3'36/km
       レペティションが、45秒弱(=1km3分弱ペース)

<実際のタイム>
・Tペース走5km:18分09秒(3'38/km)
        3分50秒 - 41 - 30 - 32 - 36(Lap2以降、冒頭の3分は省略)
・レペティション:44秒1、43秒2、43秒2、42秒6


※コース:1周5kmの周回コース
     Lap1・5:緩やかな上り、Lap3・4:緩やかな下り
     Lap2・5:折り返しあり
※用語説明
 Tペース走とは、「LTペース走、あるいは閾値ペース走」のこと


今日のポイント練習は、
Tペース走5kmです。

距離がちょうど5kmだったので、
9月上旬に予定していた
5000mレースの試走も兼ねていました。

結果は、最初の2kmが
設定ペースを大幅に上回る
残念な感じに終わりました。

それは全て、走る前にやらかした、
ちょっとした油断のせいです。


ちょっとしたやらかしは、
走りに行った直後の雨から始まりました。

家を出発して5分ほど経過してからでしょうか。
雨がザーッと降ってきました。

ポツポツ程度の小降りであれば、
練習は続行しましたが、

ザーッという本降りに近い雨だったので、
「この雨はいかん、走れん」。

まだ家から、さほど離れていないこともあり、
即座に帰宅です。


部屋に戻ってから、
雨で濡れてしまった髪を拭き拭きし、

濡れたシャツも着替えたら、
どうしよう、やることが無い。

かといって、窓の外を見ると、
雨もまだザーザー降っていたので、
走りに行くことも出来ず。困ったワン。

「まぁ、やることがないなら横になるか」と思い、
風邪をひかないよう、バスタオルにくるまり、
床に横になりました。

ごろんちょ。

ただ、僕が横になったときに、
横になっただけで済むはずがなく、
ばっちり爆睡。

夕寝へ。

昼に寝ることを“昼寝”と言うなら、
夕方に寝ることを“夕寝”と表現してもいいはずです。

最後は、余談でした。


夕寝から起きて、時計を見たら、
1時間ほど経過していました。

ありゃ、油断した。

程よく眠く、走る気が起きませんでしたが、
今走らないと、何のために色々準備したのか
わからなくなるので、とりあえず走りに行きました。

まずは、アップのジョグ。

えっちらおっちら走っても、
眠いのは、相変わらず。

眠い脳みそに連動して、
身体も働かず。

アップのジョグが終わっても、
やっぱり眠かったのですが、

とりあえず今日の本練習
Tペース走5kmを始めてみました。


こんなテンションで走り始めたら、
最初の1kmが、3分50秒。

ア・ホ・か( ゜Д゜)?

しかも、2kmを過ぎるまで、
時計でラップを確認していなかったので、
気づいた時には、時すでに遅しでした。

ただ、このまま終わっては、
ひきこもりランナーの名が廃ります。

2km過ぎからは、ギア2ndにチェンジし、
Lap3とLap4は、それぞれ3分30秒、3分32秒。

ラスト1kmの上り区間は、
もう一つ上のギア3rdへ。

ペースは、
3分36秒にまで上げました。

コースが上りである条件を考慮すると、

名目ペースが3分36秒でも、
実質的には3分30秒を切るペースだったので、
さすがに最後の1kmはキツかったです。


2km以降と最後の1kmで、
2度もペースアップしたからでしょうか。

Tペース走5kmを終えた後、
お腹か胃の辺りが痛くなり、

この直後に予定していたレペティション×4本に、
すぐに入ることができませんでした。

しばらくジョグを行い、
呼吸が落ち着くのを待ってから、
レペティションに入りました。

こんなことは初めての経験です。

「やれやれ、寝るんじゃなかった」と、
油断をちょっとだけ後悔した日曜日の夕方でした。


その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧