運動音痴ランナーのマラソン放言日記

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、マラソン・ランニング・世の中について ひと言もの申ーす!ブログ。目指すか、福岡国際。

“ひきこもり”が、保育士・待機児童問題を解決する 前編 ~まずは、支出を見直せ~

あらかじめ断っておきますが、
僕自身

・結婚していないし、したこともない
・だから当然、子供もいない
・しかも、結婚する予定もない

という“ないない尽くしの三十路男”です。

だから、的外れな意見を述べたために

「保育士のこと、わかってない!
 子育ての大変さ、わかってない!」

と批判されても、

「わっかんねーよ!
 だから、始めに断っただろうが!」

と開き直ります。フンッ。


さて、保育士問題と待機児童問題、

つまり、現在、保育士が不足している問題と、
保育園に子供を預けたい母親が増えている問題

に共通する問題があるのをわかりますか?

それは、保育園で働かない保育士にしろ、
保育園に子供を預けたい母親にしろ、

“今の生活が苦しい”
という現状があることです。


保育士になる人が少ないのは、

保育士の給料が低過ぎて、
その収入だけでは、生活が苦しくなるから。

かつて、保育士の給料表をネット上で見ましたが、
確か手取りで月13万円くらいだったはずです。

13万円×12か月=約150万円

これでは、
支出カッターである僕の計算でも、
生活はカツカツになってしまいます。

保育園に子供を預けたい母親にしても、

保育園に子供を預けて、働きに出るのは、
収入を増やすためのはずです。

その理由は、
今の状況では、生活が苦しいから。

結婚相手の収入が少ないにしろ、
母親がシングルマザーであるにしろ、
理由は同じはずです。

 

保育園で働かない保育士と
保育園に子供を預けたい母親が、

共通して抱える問題は、
収入が少なくて、生活が苦しいこと。

この問題を踏まえて、
解決策を考えないといけません。

収入が少ないために、苦しい生活を
どうすれば、少しは楽にできるか?

この観点から、
解決策を生み出さなきゃいかんのです。

わかってますか、政治家さんよ?


では、解決策へ。

まず、保育園に子供を預けたい母親の問題について、
僕が提案できるアイデアは、1つだけ。

年収が200万円台以上なら、
“支出を見直す”ということです。

大酒・たばこ・ギャンブルは論外。

スルーしがちなスマホ料金も、

契約業者をキャリアではなく、格安業者に変えるだけで、
年間3万円から6万円程度の節約になります。

ちゃんと、見直してますか?

支出を見直すレベルとしては、
酒・たばこ・ギャンブルを一切やっていなくても、

毎月、自由に使えるお金が、
数千円から、月によっては数百円になるくらい見直せ。

330円の和栗モンブランソフトを
食べるのをためらうくらい、支出を見直せ。

f:id:enishi-san:20171019153905p:plain

この程度、支出を見直せば、
支出カッターとしては合格です。

反対に、これ以上支出をカットすると、
生活を楽にするために節約しているはずが、

日々の生活そのものが苦痛になってきます。
経験者は語る。


書きたいことを書いていたら、
長くなったので、前編はここまでとします。

いつも通り、本題に入れませんでした。
ごめんちゃい。


その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧