ひきこもりランナーのマラソン時々FX

走るのは好きだけど、外に出るのが嫌いなオタクランナーが、マラソンの大会結果だけでなく、FXやトレードについても言いたい放題書く不定期更新ブログです。マラソンのベストタイムは、2時間44分(=サブエガ)。

ニートとサラリーマンは、同じ穴のムジナ

ニートとサラリーマンは同じ”なんて言われたら、
大抵の人は違和感を抱くことでしょう。

特に、サラリーマンの人は、
違和感を通り越して、反感をすぐに抱くかもしれません。

ただ、反感を抱いたからと言って、
文章を最後まで読まずに(読めずに)、

コメントに「うざい」とセンスのかけらが微塵もないコメントを
書くのだけは、やめてもらいたいです。

通り魔的行為は、やめてね。


大切な注意書きを書き終えたので、
やっと本題に入れます。

確かに、ニートは生活費であるお金を稼いでいないし、
サラリーマンは、生活費を自分で稼いでいます。

この点では、
ニートとサラリーマンは明確に異なります。

しかし、生活の手段であるお金を“他人”に依存している点では、
ニートもサラリーマンも一緒。同じ穴のムジナなのです。

ニートは、
生活費を、両親に依存している。

サラリーマンは、
生活費を、毎月給料を支払ってくれる会社に依存している。

両親がいなくなったら、
ニートは生活費を得られ無くなります。

同じように、会社が倒産したら、
サラリーマンは生活費を得られ無くなります。

「それ無しでは、生きていけなくなる」という点では同じです。

この点について、
ニートとサラリーマンに何か違いがありますでしょうか。

ちなみに、
ニートとサラリーマン、両方経験しましたが、

実感として、
心許ない感じに変わりはありませんでした。


言いたいことは、

ニートとサラリーマンが、
他人の支え無しでは、生きていけないという点で
本質的に同じであるということです。

どちらかが優れているとか、
どちらかが劣っているとか、

ニートとサラリーマンとに
優劣をつけることではありません。

職業に貴賎なしです。


もし、両者に優劣をつける人がいるとしたら、
かつての僕のように、サラリーマン>>ニートと決めつけるでしょう。

まぁ、こんな決めつけ、
誰か自分より立場の弱い他人を批判しなければ、
プライドを保つことのできない弱っちい奴のすることです。

そういう奴には、こう一言告げてやりましょう。

“目糞鼻糞を笑う”


ちょっと余談。

両親と打つために、「りょうしん」と打ったら、
一回目の変換では「良心」と出てきました。

すると、本文全体は、
「生活費を良心に依存している」となります。

良心があれば、生活できるなんていいなぁ、
と、ちょっと思いました。


その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧