読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりランナーのマラソン時々日記

走るのは好きだけど、外に出るのが嫌いなオタクマラソンランナーが、日々の練習についてダラダラ更新する日記です。自己ベストは、サブエガ。

長文執筆宣言 ~LINEやツイッターなんか、蹴っ飛ばせ~

その他

長文をこよなく愛する同志たちよ。

現在、インターネット上では、
長文愛好派は肩身の狭い思いを強いられている。

LINEやツイッターの普及により、
一般大衆は短文のやり取りに慣れ親しみ、
文章の主語や目的語の省略は当たり前。
5W1Hが泣いている。

ひとたび長文を書こうものならば、
チラシの裏にでも書いとけ、乙」と罵倒される始末。
長文アレルギーとも言うべき症状が、一般大衆の間に蔓延しておる。

ブログの世界でも、また然り。
短文派が、現在のトレンドである。

要点を原稿用紙1枚程度にコンパクトにまとめ、
画像や空白で分量の少なさをごまかすブログが、支持を獲得している。


しかし諸君、忘れてはいまいだろうか。
かつて目も眩むような長文で世界に名を轟かした者たちの名を。

呉エイジ氏の『我が妻との闘争』。
海外ニート氏の『ニートの海外就職日記』も然り。
yuminnko氏の『他人が嫌いな完全マイナス思考女のFX日記』も然り。

いずれも負けず劣らずの長文サイト・ブログである。
現在は全て、閉鎖か更新停止に至っていることを、気にする必要はない。

これらの愛読者の一人であった我輩が、
現在のトレンドだからと言って、短文派に転向してよいのだろうか。

否!


しかし、
長文愛好派の目の前には、数々の困難が立ちはだかるであろう。

「読者になる」の人数が、二ケタの壁を越えられないかもしれない。
ブログの一日の平均訪問人数が、50人で留まってしまうかもしれない。

それでも、どんな苦難が待ち受けていても、
我輩はこれからも長文を書き続けることを誓う。
長文が好きだから。


世界は、長文の復活を待っている。

書け、心の赴くままに。
叩け、キーボードに並ぶアルファベットを。
動かせ、魂を込めた十本の指たちを。

長文による、長文のための、長文の宣言、ここに記す。

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧