運動音痴ランナーのマラソン放言日記 ~故障せずに、速くなる!~

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、距離信仰の強いマラソン界に、ひと言もの申ーす!ブログ。 月間走行距離を気にしなくても、記録が伸びる効率的な練習メニューや、故障せずにランニングを楽しめる練習メニューの作り方を公開中。 自己ベストは、2時間44分。目指すよ、福岡国際マラソン。

“食っていく”という言葉は、なんか下品

唐突な始まり方になりますが、

“~で食っていく”という言葉が、
僕は嫌いです。なんか下品な感じがします。

「~」には、仕事や職業が入ります。

たとえば、

職業がモデルなら、モデルで食っていく。
俳優なら、俳優業で食っていく。
トレーダーなら、トレードで食っていく。

こんな使い方をするはずです。

ちなみに、
最後の例は、今の僕の願いです。


~で食っていくという言葉と、同じ意味を持つ表現

~で生活していく
~で生活費を稼ぐ
~で生計を立てる

など、これらの表現ならば、
僕も躊躇いなく使いますが、

食っていくという言葉だけは、
絶対に使いたくありません。

なんでかなーと思い、
布団の中に入って、ふと考えていたら、
(こういうことをするから、夜寝られなくなる)

こんなことかなーと
たどり着いた答えがありました。

続きを読む

高地トレーニングは、走力アップの万能薬

・・・だったらいいな。


実際に、高地トレーニングを行う前は、
“・・・だったらいいな”ではなく、

高地トレーニングのことを、
本当に万能薬だと思っていました。

具体的には、5000mのタイムならば、
高地トレーニングの効果で、
「記録を1分は短縮できるだろう」と考えていました。

高地トレーニングを行えば、
走力アップは約束されたも当然。

高地トレーニングを、
一種の万能薬のように捉えていました。

でも、2016年8月に2週間弱、
高地トレーニングを行ってみた上での感想は、

「高地トレーニングは万能薬ではない。
 数多くあるトレーニングの内の1つ」

ということです。

続きを読む

林家三平に、ひと言もの申す ~名前をつけさせていだたくって、何よ?~

先日、“スタジオパークからこんにちは
というNHKの番組をたまたま観ていたとき、

ゲストである林家三平氏のちょっとした言葉遣いに、
ふと違和感を抱きました。

その言葉遣いは、
「名前をつけさせていだたく」です。

つけさせていだたく???

なんか変。

続きを読む

お休みなのね~ ~12月19日から25日までの休養メニュー~

・12月19日(月)
 お休み

・12月20日(火)
 お休み

・12月21日(水)
 お休み

・12月22日(木)
 お休み

・12月23日(金・祝)
 お休み

・12月24日(土)
 お休み

・12月25日(日)
 お休み


完・全・休・養。


完全休養と天体観測って、
言葉の並びと音の響きが似てるわ

ということで、この曲。


週間走行距離:もちろん、0km


 その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧

思いっ切り、後ろ向き ~後ろ向きになることも、時には大切さ~

目標に挑戦することは、良いことかもしれません。
もしかしたら、素晴らしいことかもしれません。

しかし、目標に挑戦した結果、
目標の達成に失敗したら、落ち込みます。

時には、その結果がひどすぎで、
落ち込むどころか、笑ってしまうこともあります。

今回の防府マラソンの結果
まさにそうでした。


年末の防府マラソンに向けて、
2016年6月から合計7か月弱トレーニングを積んできました。

トレーニング期間中、
高地トレーニングや新しいタイプの練習メニューなど
色々試して、しっかり準備を積んできました。

いざ、本番。

結果は、自己ベストをたった3分しか更新できず、
目標タイムには4分以上足らず。


もぅ、がっかり。
あぁ、がっかり。

「まったく、イヤンなっちゃうわ」って感じで、
フェイスブックでタイムを公表する気にならず、

ブログの更新も、4ヶ月ほど放置していました。
ブログの更新を放置するのは、いつも通りですが。

スポーツマンは、爽やかで前向きな人種だという
なんとなくの印象がありますが、

少なくとも、
この文章を書いているマラソンランナーは、

ちょくちょくガッカリして、
イジイジするくらい後ろ向きです。


ただ、気持ちが落ち込んでいるときには、
思う存分、落ち込めばいいのです。

「今回の経験を次回の糧にしたいです」
なんて、聞こえの良いセリフ、No Thanks.

フェイスブック上で、
無理に明るく振る舞う必要もありません。

前向きな投稿だらけのフェイスブックを眺めると、
この人たちは一体いつ気持ちの整理をしているんだろう?
ロボットなのかしら?

と、不思議で不思議で仕方ありません。


気持ちが落ち込んでいるときに落ち込まず、
無理に前向きになろうとすることは、

自分の正直な気持ちを無視すること。

こんなことを繰り返せば、
いずれ大きなしっぺ返しを受ける羽目になります。

某国アメリカの人たちのように、
少し気分が落ち込んだからと言って、
抗うつ薬を服用するのは、末期症状です。

抗うつ剤なんてのは、
副作用がものすごいんですから、

うつ病のときに、医師の適切な指示の下、
服用すればよろしい。

通常のメンタル状態の時に服用するのは、
何か間違っている気がします。


ガッカリしたときには、ガッカリ。
しょんぼりしたときには、しょんぼり。

(´・ω・`)

自分の気持ちには、
正直にありたいものです。

ガッカリとか、しょんぼりとか、
ムカつくーとか、悔しいとか
そう思う後ろ向きな気持ちも、自分の一部。

人間の心は、前向きな気持ちだけで
構成されているのではありません。

ガッカリし尽くせば、
しょんぼりし尽くせば、
自然と気持ちは前向きになります。

人間の心には、
超回復の力が備わっています。

前向きになるために、
抗うつ剤なんて必要ありません。

抗うつ剤は、ゴミ箱へポイッ。


最後に、この言葉をもって
今回の文章を締めたいと思います。

前向きな人は、陽気。
後ろ向きな人は、陰気。

常に前向きな人は・・・


病気。

 

面白かったら、↓を押してもらえると、
ブログを書く励みになります

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他スポーツブログへ