ひきこもりランナーのマラソン時々FX

走るのは好きだけど、外に出るのが嫌いなオタクランナーが、マラソンの大会結果だけでなく、FXやトレードについても言いたい放題書く不定期更新ブログです。マラソンのベストタイムは、サブエガ:2時間44分。

プロフィール代わりの大会記録一覧(2005年~現在)

〇現在のベストタイム
・1500m:4分38秒50   (2017.6)
・3000m:10分17秒82  (2017.6)
・5000m:17分12秒81  (2017.7)
・10000m:36分03秒    (2015.10)
・ハーフ:1時間16分38秒(2016.4)
・フル: 2時間44分27秒(2016.12) 


〇2005年(19歳、大学1年)
・41分58秒   10㎞   第34回八王子ロードレース 2005.10.9(初めての大会)

f:id:enishi-san:20160513112455j:plain


〇2007年(21歳、大学3年)
・1時間32分16秒 ハーフ 第30回府中多摩川マラソン 2007.11.23(初めてのハーフマラソン

f:id:enishi-san:20160513112520j:plain


〇2008年(22~23歳、大学3年~4年)
・1時間34分32秒 ハーフ 第6回新宿シティハーフマラソン 2008.1.27
・1時間27分55秒 ハーフ 第27回立川・昭島マラソン 2008.3.9
・3時間16分33秒 フル  第11回東京・荒川市民マラソン 2008.3.16(初めてのフルマラソン)
・2時間59分29秒 フル  洞爺湖マラソン2008 2008.5.25(サブスリー達成)
・3時間08分53秒 フル  2008北海道マラソン 2008.8.31
・37分38秒    10㎞  第37回八王子ロードレース 2008.1012
・1時間20分56秒 ハーフ 第27回ねりま光が丘ロードレース 2008.11.9
・2時間58分23秒 フル  第21回大田原マラソン大会 2008.11.23
DNS(棄権)  ハーフ 第2回いたばしリバーサイドハーフマラソン 2008.12.6(体調不良のため、欠場)

f:id:enishi-san:20160513112538j:plain


〇2009年(23歳、大学4年~会社員1年目)
DNS(棄権)  フル  第57回勝田全国マラソン 2009.1.25(故障のため、欠場)
・37分18秒    10㎞  第38回八王子ロードレース 2009.10.11
・1時間21分35秒 ハーフ 第28回ねりま光が丘ロードレース 2009.11.8
・2時間55分37秒 フル  第29回つくばマラソン 2009.11.22

・フルマラソン1歳刻みランキング 男子23歳の部 第79位

f:id:enishi-san:20160513112558j:plain


〇2010年(24歳、会社員1年目)
DNS(棄権) ハーフ  第1回東京・赤羽ハーフマラソン 2010.2.20(病気のため、欠場)


〇2014年(28歳、社会復帰2年目)
・1時間23分57秒 ハーフ 立川シティハーフマラソン2014 2014.3.2(約4年半ぶりの大会出場)
・3時間05分37秒 フル  2014板橋Cityマラソン 2014.3.23


〇2015年(29歳、社会復帰3年目)
・37分46秒    10㎞  2015湯河原オレンジマラソン大会 2015.3.29
・1時間17分36秒 ハーフ 第20回吉川なまずの里マラソン 2015.4.5(約6年半ぶりの自己ベスト更新)
・2時間50分08秒 フル  第25回かすみがうらマラソン 2015.4.19(初めての入賞)
・DNF(失格)  5000m  第69回市民体育大会陸上競技大会 2015.9.12
・36分03秒    10㎞  第44回八王子ロードレース 2015.10.11(3位入賞)
・1時間22分49秒 ハーフ 第6回富士・鳴沢ロードレース 2015.10.25
・2時間49分57秒 フル  第1回さいたま国際マラソン 2015.11.15(サブエガ達成)

f:id:enishi-san:20151231172446j:plain


〇2016年(30歳、三十路一年生)
・1時間16分40秒 ハーフ 第10回ふかやシティハーフマラソン 2016.2.28
・2時間54分50秒 フル  2016板橋Cityマラソン 2016.3.20
・1時間16分38秒 ハーフ 第21回吉川なまずの里マラソン 2016.4.3
・2時間47分29秒 フル  第26回かすみがうらマラソン 2016.4.17
・17分32秒95 5000m 第2回M×Kディスタンスチャレンジ 2016.7.24
・17分14秒42 5000m 第57回八王子市陸上競技選手権大会 2016.9.11
・2時間49分55秒 フル 第38回別海町パイロットマラソン 2016.10.2
・1時間19分36秒 ハーフ 第39回府中多摩川マラソン 2016.11.23
・1時間21分07秒 ハーフ 第10回いたばしリバーサイドハーフマラソン 2016.12.4
・2時間44分27秒 フル 第47回防府読売マラソン 2016.12.18

f:id:enishi-san:20170731163208j:plain


〇2017年(31歳)
・4分38秒50   1500m 第2回世田谷陸上競技会 2017.6.10
・10分17秒82 3000m 同上
・17分12秒81 5000m M×Kディスタンスチャレンジ 2017.7.23

トレーダーは、誰の役にも立たない ~トレーダーって、普段何してるの?~

こんにちは。
へっぽこトレーダーの毒舌批評家です。

毒舌批評家は、
ずっと使っているHN(=ハンドルネーム)です。

↓へスクロールしていくと、
ず~っと下の方のプロフィールに書いてあります。

f:id:enishi-san:20170922111203j:plain

Facebook経由で訪れた人は、
「本名知っているから、HNあんま意味ない」と、
思うかもしれませんが、

本名で登録が義務のFacebookはともかく、
ブログで本名を公開するのは (/ω\)イヤンということです。


今回からは、マラソン・ランニングから離れて、
(そもそも、最近更新してないじゃんというツッコミは、い・り・ま・せ・ん)

トレーダーやFX・トレードにまつわる
よもやま話を書いていこうと考えています。

一般の人には、謎だらけだと思われるトレーダーの姿が、
少しでも理解されるようになったらいいな、という試みです。

題して、
「トレーダーあれこれ(仮)」。

内容に相応しいタイトルがあるはずなので、
今のところは、仮タイトルです。

トレードについて何も知らない人でも、
内容がわかるように書いていくつもりですが、
いかんせん僕一人の脳みそには限界があります。

もし内容にわからないことがあれば、
「これ、わからん!」と、コメント欄で指摘してください。

「全体的に意味がわからない」という指摘には、
対応しようにも、どう対応すればいいのかわかりませんが、

「○○がわからんぞ。どういうこと?」という指摘であれば、
できる限り対応します。よろしくお願いしますm(__)m

さて、前置きが長くなりましたが、

「トレーダーあれこれ(仮)」の記念すべき第1回目のタイトルは、
“トレーダーは、誰の役にも立たない”です。


そもそも、
「トレーダーって、何してるの?」って人が大半だと思うので、
4行でトレーダーの仕事を簡単に説明します。

◎トレーダーの仕事
1.チャートを使って、過去のデータを検証する
2.過去のデータから、トレードルールを創る
3.トレードルールに基づき、実際の相場で売ったり買ったりする
4.売買の結果を反省する

僕が実際に行っている
トレーダーの仕事は、概ねこんなもんです。

チャートなど分からない用語があれば、
ググってください。すぐ見つかります。

“Plan Do See Check”に似たこの一連の仕事内容の中で、
トレーダーの仕事として一番イメージしやすいのは、3でしょう。

PCモニターを目の前にたくさん並べて、
忙しなくマウスをクリックしているトレーダーは、
おそらく3の仕事中です。

同時に、一番どうでもいい仕事は、3でもあるのですが、
直接お金のやり取りが発生するのは、3の過程です。

目の前の勝負に勝てば、お金がもらえ、
反対に、目の前の勝負に負ければ、お金を失う。

ただ、これだけです。


ここに、一般的な仕事とトレーダーの仕事との
大きな違いがあります。

一般的な仕事は、

・医者は、患者が病気から治る手助けをする
・小説家やマンガ家は、読者に面白いストーリーを届ける

これらの例のように、
自分の仕事にお金を払ってくれる相手がいて、
その相手に役立った対価として、お金をもらえます。

誰かの役に立つからこそ、お金をもらえるのです。
これが一般的な仕事における、お金のやり取りになります。


でも、トレーダーは違います。

トレーダーの仕事のところで説明した通り、
勝負に勝ちさえすれば、お金をもらえます。

その勝負において、相対する相手も
お金を払ってくれる相手もいますが、

当のトレーダーは、
その相手に対して、何の役にも立っていません。

一般的な仕事とは異なり、トレーダーは、
誰の役にも立たなくても、お金をもらえます。


また、上で挙げたトレーダーの仕事の内、

お金のやり取りが発生しない1・2・4でも、
誰の役にも立っていません。

1.チャートを使って、過去のデータを検証する
2.過去のデータから、トレードルールを創る
4.売買の結果を反省する

いずれも、傍から見たら、
一人で机に向かっているだけです。

この仕事のどこに、
誰かの役に立てる要素があるのでしょう。

だから、トレーダーは、
自らの仕事を通じて、誰の役にも立たないのです。


医者や小説家・マンガ家のように、
誰かの役に立っている人から
「この~役立たずが!」と言われれば、

トレーダーである僕には、
「その通り。役立たずでございます」と、
返す言葉もありません。

でも、公共の電波を使って、誰が不倫したしないとか、
クソのようなワイドショーを垂れ流すテレビ局の連中や、

売っている当の銀行以外誰も幸せにならない
ゴミのような投資信託を売っている銀行の連中に
同じようなことを言われたら、

「役立たずを通り越して、有害ですらある
 お前らに言われたくないわ」と返します。

・・・心の中で。


最後に、他人の仕事について、あーだこーだと
言う奴にひとつ聞きたいのだが、

「アンタの仕事は、誰かの役に立っていると、
 胸を張って、言えるんかい?」

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧

わからないことは、「わからない」と言える勇気

自分がわからないことを訊かれると、
つい条件反射で知ったかぶりをして、
答えてしまうことがあります。

また、わからないことを「わからない」と、
正直に言うのも恥ずかしい気持ちもあります。


たとえば、とある小学生くらいの子供が、
「結婚って、何が大変なの?」と、
キラキラと純粋な眼をして聞いてきたとしましょう。

まぁ、僕にこの質問をしてきたとしたら、
そもそも質問する相手を完全に間違えている気がしますが、

「結婚相手を見つけることだよ」と答えます。


笑ってくれれば、大成功。

「(* ̄- ̄)ふ~ん。で、何が大変なの?」と、
軽くあしらわれたら、どうしましょ。

ここで、もし「結婚ってのはね・・・」と、
結婚の大変さを話し始めたとしたら、
100%先が続かないでしょう。

だって、僕自身、結婚したことないもの。
わからないものはわからない。

結婚の大変さどころか、
結婚が何なのか、さっぱりわからないから、
話を続けようにも、言葉が続きません。

「知ったかぶりをしなきゃよかった」と、
後悔しても、時すでに遅し。


これが、もしトレーダーの大変さなら、
体力の続く限り、喋ることができます。

「負けたら、お金を失うんだよ」からスタートし、

「3回に2回は負けるし、運が悪ければ20連敗。
 ましてや、そういうときに限って、
 大きな金額を賭けているから、
 積もり積もった損失額は・・・」と、

トレーダーへの興味・関心が、
しょんぼりしぼむまで喋ることでしょう。


僕にとってのトレーダーのように、
経験のあることやわかることであれば、
実感があるので、自分の言葉で語ることができます。

でも、結婚のように、
さっぱりわからないことだと、
実感が湧かないので、語ろうにも語れません。

だから、
わからないこと、未知の世界についての質問に対しては、
「さぁ」とか「わからない」で、OK。OK牧場。


ただ、わからないと意味は似ているのに、
「知らない」という言葉で返事をすると、
気を悪くする人がいるので注意が必要です。

かつて高校時代、現代文の授業で、
教師の質問に対して答えがわからなかったので、

「知りません」と答えたら、
「わかりません、でしょう」と答えを訂正されました。

わかりませんと、知りませんでは、
何が違うのですか?

うーむ、日本語は難しい。

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧

なんとなくの練習は、無駄

そもそも、マラソンランナーにとって、
トレーニングを行う目的、練習を積む目的は何でしょうか。

おそらく、今より速く走れるようになること、
フルマラソンのタイムを短縮することだと思います。

実際に、マラソンランナーの端くれである僕にとっても、
トレーニングを行う主な目的は、速く走れるようになることです。

隠れ目標として、
太らないためという目的もありますが、それはさておき。


この目的を成し遂げるために、
ただ走るだけではなく、

・筋肉トレーニングをする
ランニングクラブの練習会に参加する
・レースに出場する

など、様々な方法を用います。

これらはすべて、
目的を成し遂げるための手段、
言うならば“手段の一つに過ぎない”訳です。

でも、不思議なもので、
トレーニングを続けているうちになぜか、
これらを行うこと自体が目的にすり替わってしまいます。

普段の習慣から、

なんとなく筋トレをし、
なんとなく練習会に参加し、
なんとなくレースに出場する。

これがエスカレートすると、

ただひたすら筋トレの回数を増やし、
毎回必ず、練習会に参加し、
毎月、レースに出場するようになります。

手段であったはずのこれらを行うことが
いつの間にか目的にすり変わる。

本来の目的は、
どこへ行ってしまったのでしょうか。


なんとなくになった時点で意味ないです。
目的を忘れた時点で、意味ないです。

意味がないだけなら、
まだマシかもしれません。

時には、レースに出場するだけでは物足りなくなり、

本命のフルマラソンの2週間後に、
ハーフマラソンにエントリーしただけではなく、
その翌月には、再びフルマラソンにエントリー。

結果は、
無理なトレーニングがたたって、故障。

いずれのレースにも出場することができず。
アホか、と。


ちなみに、この例、
学生時代の僕が実際にやったことです。

悪い習慣のせいで、故障という一度痛い目に遭えば、
無駄だなと実感して、悪癖を止められるはずです。

痛い目に遭わずに、
悪癖を止めたいものですが、

痛い目に遭わないと本気にならない
僕のような人間には、それは難しいのでしょう。

賢者は歴史から学び、
愚者は経験から学ぶ。

あーあ、愚者だ。

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧