故障するから、強くなる ~走るトレーダーのひと言もの申す!~

走るFXトレーダーが、伝統的な日本のマラソンの練習方法に、ひと言もの申ーす!ブログ。 月間走行距離を気にしなくても、記録が伸びる効率的な練習メニューや、故障せずにランニングを楽しめる練習メニューの作り方を公開中。 自己ベストは、2時間44分。目指すか、福岡国際。

月間走行距離は大切だけど・・・

こんにちは、橋本です。

今回のテーマは、
皆さんの大好きな月間走行距離です。

確かに、
月間走行距離は大切かもしれません。

月間走行距離30㎞では、
サブスリーを達成するのは無理。

サブフォーも厳しい。

制限時間内に完走するのが
精一杯でしょう。

だから、
月間走行距離は重要な要素かもしれません。


しかし、それ以上に、
その中身が大切だと思います。

たとえば、
月間200㎞走っているランナーがいたとします。

週ごとの距離が
20㎞、70㎞、30㎞、80㎞
だとしたら、どうでしょう。

ある週にまとめて走りこむ
ドカ走りです。

練習につながりがなく、
ただ走っているという感じ。

能力アップは望めません。

理想を言えば、
40㎞、60㎞、40㎞、60㎞とか、
50㎞、50㎞、50㎞、50㎞とか。


また、練習メニューも、
全部キロ5分のジョグだとしたら、どうでしょう。

キロ5分で走る能力は発達しますが、
それ以外のペースでの能力は伸びません。

キロ5分以外のペースで走り、

・スピード
・スタミナ
・持久力

これら3つの要素を
バランスよく鍛えることが大切です。


だから、月間走行距離は
大切かもしれませんが、

その中身がもっと大切だと思います。