故障するから、強くなる ~走るトレーダーのひと言もの申す!~

走るFXトレーダーが、伝統的な日本のマラソンの練習方法に、ひと言もの申ーす!ブログ。 月間走行距離を気にしなくても、記録が伸びる効率的な練習メニューや、故障せずにランニングを楽しめる練習メニューの作り方を公開中。 自己ベストは、2時間44分。目指すか、福岡国際。

これができればサブスリー ~フルのセット練習その1~

こんにちは、橋本です。

今回から3回にわたって、
フルマラソン用セット練習を紹介していきます。

コロナの影響で、
大会がほとんど中止になっているから、

いつ使えるようになるかは正直不明。

出す時期を間違えた気がしますが、
そんなことは気にせず、紹介します。


そもそも、
セット練習を行う理由は、なんでしょうか?


僕が考えるに、

フルマラソン42.195㎞を一日で走ると、
身体へのダメージが大きいから、

それを二日に分割して走ればいい
この発想がセット練習だと思います。


では、具体的なメニューを紹介します。

<セット練習>
・1日目:2時間LSD(キロ6分半より遅く)
・2日目:15㎞ペース走(キロ4分15秒)

1週間のうちのどこかで
有酸素インターバル走1000m×5(キロ3分40秒*1、レスト1分半)


まず、1日目のLSD
脚に疲労を溜め、重くします。

次に、脚が重くなった状態で
ペース走を行い、

フル本番、30㎞以降きつくなっても
レースペースを維持できる持久力を身につけます。


僕はフル本番3週間前まで
この練習を続けました。

ただ、途中で風邪をひき、
1回セット練習を休みましたが、

それでも、
本番でサブスリーを達成できたので、

3,4週につき1回程度休みを取っても
構わないのかもしれません。


僕の知る限り、サブスリーを達成するための
最も効率的なセット練習ですが、

弱点が一つあります。

それは、キロ6分半以上で走るLSD
こんなタラタラ走ってらんねーよ。

タラタラRunができるならどーぞ。

できないよーって方は、
次回紹介するその2の方がベターでしょう。



★好評発売中★
効率的にランニング理論を学ぶには、この一冊

楽天Kobo
AmazonKindle版『ダニエルズのランニング・フォーミュラ』
をはじめからていねいに ~故障予防編~

 

*1:当時の僕は適正ペースを知らなかったので、3分20~30秒で行っていましたが、サブスリーレベルでは速すぎます