運動音痴ランナーのマラソン放言日記 ~故障せずに、速くなる!~

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、距離信仰の強いマラソン界に、ひと言もの申ーす!ブログ。 月間走行距離を気にしなくても、記録が伸びる効率的な練習メニューや、故障せずにランニングを楽しめる練習メニューの作り方を公開中。 自己ベストは、2時間44分。目指すよ、福岡国際マラソン。

キロ4分の壁は高かった ~加古川マラソンの大会結果~

2017年12月23日(祝)に、
兵庫県加古川市で行われた *1
加古川マラソンに参加してきました。

僕にとっては
加古川マラソンが、

2017年最初のフルマラソンにして、
2017年最後のフルマラソンでした。

結果は、

 

f:id:enishi-san:20180112111132j:plain

微妙。

微妙な1年だった2017年を
象徴するかのように、微妙。


今回のレースプランは、
次のようなプランでした。

・キロ4分でスタート
・20km辺りから、3分55~50秒台まで徐々にペースアップ
・30~35kmを、3分45秒のマラソンペースで走る

最も大切なのは、3番目の
30~35kmを、3分45秒のマラソンペースで走ること。

さて、結果はというと、
脇に添えたラップタイムを
見てもらえばわかるように、

事前に建てたレースプランを
一つもクリアすることができていません。


何のためのレースプランだったの?


・キロ4分でスタート

スタートから、
早速キロ4分をオーバー。

ペースをキロ4分に戻そうと、
少しペースアップしたら、

3分55秒まで上がり、
キロ4分を切ってしまいました。

しかも、
そのペースを維持できず、
またキロ4分をオーバー。

再びペースアップしたら、
今度は3分45秒へ。

ペースのアップダウンを繰り返すも、
一度もキロ4分で走ることができず。

Ω\ζ°)チーン


・20km辺りから、
 3分55~50秒台まで徐々にペースアップ

10km過ぎた時点で、
20km過ぎで走りたいペースに、
ペースアップ済み。

20kmに到達する前に、
想定ペースになっていたため、
さらにペースアップする余地なし。

ついでに言うと、
ペースアップする余力もなし。

Ω\ζ°)チーン


・肝心の30~35kmを、
 3分45秒のマラソンペースで走る

30km~35kmの平均ペースは、
キロ4分。

全くお話になりません。

ただ、5km毎のラップタイムには
反映されていませんが、

手元の時計によれば、
31km:3分44秒、32km:3分49秒で走っています。

残りの33~35kmのペースは、

30km~35kmまでの平均ペースが
4分であることから、ご察しください。

(´・ω・`)


レースプランを
レース本番で実行できなかった理由は簡単です。

レースプランに含まれる各要素を、
事前に練習してこなかったから。

キロ4分で走り始めること。
一度も練習していません。

徐々にペースアップすること。
これも練習していません。

30km走った後、マラソンペースで走ること。
これは、2度ほど練習しました。

レースなら、
普段と異なる力が発揮されるから、

ぶっつけ本番でも、なんとかなるか
と思っていましたが、

練習していないことは、
ぶっつけ本番じゃあ、無理なんだなぁと、
当たり前のことを実感しました。


反省はここまでにして、

次回のレースは、
フロストバイトロードレースがあります。*2

位置づけとしては、
本番1ヶ月前の調整&力試しレースです。*3

開催日は、明日1月14日(日)。

今年の日程は、悪天候で悪名高い
かのセンター試験と重なりました。

嫌な予感はしていましたが、
見事、今季最大の寒波が到来。

できるだけのことをやって、
今の実力を発揮してきます。

あきらめ半分、やけくそ半分ですたい。

 

面白かったら、↓を押してもらえると、
ブログを書く励みになります

にほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

*1:加古川市の名物は、“かつめし”。

かつめしとは、ご飯の上に、カツを載せ、
さらにデミグラスソースをかけた料理です。

付け合わせは、ゆでキャベツ。千切りじゃなくてよ。

*2:開催地は、アメリカです。
※アメリカ=横田基地

*3:本番は、2018年2月11日(祝)の
延岡西日本マラソン@宮崎県。

当日、暖かい気候だといいなぁ。