運動音痴ランナーのマラソン放言日記

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、マラソン・ランニング・世の中について ひと言もの申ーす!ブログ。目指すか、福岡国際。

ランニングシューズの使い方を間違えると、故障する ~シューズの最適なペース、知っていますか?~

前回のエントリーでは、

“ランナーあるある 故障の原因 TOP3”
を取り上げました。

いずれの故障の原因も、

ランニング日記を見返すことで、
原因を突き止めることができます。

しかし、日記を見返しても、
見つけられない原因が一つだけあります。

それが、
“練習のペースに不適なランニングシューズで走った”ことです。


そもそも、
代表的な練習のペースに適した
ランニングシューズを知っていますか。

ミズノのシューズを例に、

代表的な練習三つと、
そのペースに適したシューズを挙げます。


<練習とシューズの対応表>

・LSD(キロ6分より遅い)    ウエーブエニグマ
・ジョグ(キロ4分台前半~6分未満) ウエーブライダー
・インターバル走(キロ3分台)     ウエーブスペーサー(あるいは、ウエーブイダテン)    

カッコ内のペースは
参考ペースになりますので、

上から順に、
「ゆっくり、標準、速いペース」と
置き換えても構いません。


故障の原因となりうる、
“練習のペースに不適なシューズで走る”とは、

速いペースに対応したシューズで、
遅いペースの練習を行うことです。*1

たとえば、
インターバル走などスピード練習に対応している
スペーサーで、LSDやジョグを行うこと。

これがダメ。

スペーサーなどスピード練習に対応したシューズは、
クッションが薄く、地面からの反発を直に脚に伝えます。

LSDやジョグを行って、
長時間、地面からの反発を直に脚に伝えれば、
脚の筋肉が耐えられる限界を超えます。

f:id:enishi-san:20171031180233j:plain

限界を突破すれば、脚は故障します。

実際に、
スピード練習用のイダテンで、

LSDを2~3回ほど行ったら、
すぐに故障しました。

人柱になった人がここにいるので、
絶対に真似しないように。


練習とシューズの対応表を使って、

速いペースに対応したシューズで、
遅いペースの練習を行うこと

が故障の原因になることを説明しました。

なお、この練習とシューズの対応表は、

シューズマスター野村さんの表を
僕なりにアレンジした表です。

今回、取り上げなかった
アシックス派やアディダス派のランナーの方、
あまり薦めないけどナイキ派のランナーの方は、

本家・野村さんのブログを参考にしてみてください。

http://jog.livedoor.biz/


最後に、
故障について一言述べて、終わりにします。

故障とは、
「不幸印のギフト」です。*2

故障をすると、

・走りたいのに、走れない
・走れないから、イライラする
・練習を積めないから、記録は伸びない

良いことなんて何も無い。

この意味では、
故障は「不幸印」です。

でも、
故障には必ず原因があるんです。

原因を見つけ、改善策を立てれば、
ランナーとして必ず一回り強くなれます。

この意味では、
故障は「ギフト、贈り物」です。

故障している間は、
嫌な思いをするけれど、

故障を乗り越えれば、
ランナーとして成長する。

だからこそ、故障は、
“不幸印のGIFT”なのです。
 

エンディングテーマは、
Mr.Childrenの「GIFT」でした。
 

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧 

*1:

反対に、
遅いペースの練習に対応できるシューズは、
速いペースの練習でも使えます。

僕は、ジョグに適しているライダーを
インターバル走で履いています。

というか、
インターバル走で履くシューズは、
ウエーブライダーだけ。

ライダー大好き。

*2:

「不幸印のギフト」とは、
精神科医・泉谷閑示さんが
『「普通がいい」という病』の中で用いた言葉です。

『「普通がいい」という病』は、
うつ病パニック障害など精神病を抱える人だけではなく、
生き方に悩んでいる人にも是非読んでもらいたい一冊です。