運動音痴ランナーのマラソン放言日記

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、マラソン・ランニング・世の中について ひと言もの申ーす!ブログ。目指すか、福岡国際。

さぁ、故障の原因を見つけよう ~ランニング日記を見れば、故障の原因が見つかる~

かつては、
左ひざの故障で半年以上まともに走れず。

また、走れたとしても、
故障を抱えたままの練習のため、記録は伸びず。

典型的な故障持ちランナーでした。

でも、今シーズンは、
故障であまり走れなかった期間が、

わずか1週間(今のところは)。

自称“ミスター故障持ち”から
故障無しランナーに変身できたのは、

故障するたびに、
ランニング日記を見返すことで、
「故障の原因を特定できた」からです。


マラソンランナーにありがちな
故障の原因を挙げていきます。

故障の原因は、ちょうど3つ。

せっかくの機会ですから、

“ランナーあるある 故障の原因 TOP3”
と題して、ランキング形式で発表していきます。

故障の原因を見つけるときに、
ランニング日記で着目するポイントも添えておきます。

 

では、第3位!

○第3位:他にストレスの原因を“いくつも”抱えている
 <着目ポイント:睡眠時間・体調> 

マラソン以外にも、
ストレスの原因を複数抱えると、

睡眠時間が短くなったり、
夜中に起きたりする結果として、

睡眠の質が低下し、体調も落ちます。

体調の悪い状態で走れば、
どうなるか、もうおわかりでしょう。

故障します。

しかも、睡眠の質が低下すると、
練習の疲労からも回復できないため、
故障のリスクがさらに上がります。


実際、僕も

・今の仕事を辞める
・就職活動中
睡眠薬を絶ち、禁断症状と格闘中

という3つほどストレスを抱えたまま、
トレーニングを行っていたら、

月1の頻度で故障しました。

こんな状態で大会に出場しても、
ろくな結果になりません。

復帰後のワースト記録を叩き出した上に、
その後約半年間、走っては故障の繰り返しでした。

 

続いて、第2位!

○第2位:“いきなり”週間走行距離を増やす
 <着目ポイント:週間走行距離>

“いきなり”週間走行距離を増やすと、
身体がその負荷に対応できずに、故障します。

故障に繋がるキーワードは、
“いきなり”です。

たとえば、走行距離を、

・30km台から、いきなり100km弱へ増やす
・60km→70km→80kmと、毎週のように増やす

のように、

急激な走行距離の増やし方をすれば、
故障街道まっしぐらです。

いつ故障するの?
今でしょ。

 

栄えある第1位の発表です。

ガラガラガラガラー

ジャン!


○第1位:“2日連続して”キツいポイント練習をを行う
 <着目ポイント:練習内容・練習の強度>*1

1日キツいポイント練習を行っただけでも、
脚の筋肉に“相当な”負担がかかります。

筋肉が痛んでいる状態で、
翌日もキツいポイント練習を行えば、
さらに、筋肉に負担がかかります。

2日連続してキツいポイント練習を行えば、
故障するのは、極めて自然なこと。

◎痛んでいる筋肉 + 相当な負担 = 故障
故障への方程式です。


2日連続のキツいポイント練習の
具体例としては、

・1日目:1000m×5本のインターバル走
・2日目:閾値ペース走3000m×3本
     (閾値ペース ≒ 自己ベストのハーフマラソンのペース)

なんてのがあります。
「インターバル走+閾値ペース走」のセット練習です。

このセット練習を行った後に故障する確率は、
驚異の80%でした。

このセット練習の故障確率に気が付いたのは、
本当につい最近のことです。

なんで気がつかなかったんでしょうね。

なんでだろ~、なんでだろ~
ななななんでだろ~。


故障の原因・第1位は、
“2日連続して”キツいポイント練習を行う

ことでした。

ランニング日記を見返すことで
故障の原因として発見できましたが、

いまだに、これが原因で故障しますし、
今シーズンも故障しました。


“ランナーあるある 故障の原因 TOP3”として、

・“2日連続して”キツいポイント練習を行う
・“いきなり”週間走行距離を増やす
・他にストレスの原因を“いくつも”抱えている

を挙げました。

これらで故障の原因の8割方は確定できます。

着目ポイントを参考に、
ランニング日記を見直してみてください。


番外編へ続く


その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧

*1:

練習の強度という言葉に
聞き慣れない人は、

練習の強度を
練習の「キツさ」に置き換えてください。

また、キツい感覚は、
主観的になりますが、

・苦しさから、あごが上がり、全身がガチッと緊張する
・口から泡を吹きそう

このくらいの感覚が
キツい感覚と考えてください。

ボルグの主観的運動強度なら、
それぞれ、15と16に相当します。