運動音痴ランナーのマラソン放言日記

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、マラソン・ランニング・世の中について ひと言もの申ーす!ブログ。目指すか、福岡国際。

2年後の2019年、リベンジに向け、いざ準備 ~今回の衆議院選挙、投票してない奴は読まなくて良し~

今回の衆議院選の結果は、
与党で3分の2の議席確保と、

想定できる結果の中で、
最悪の結果に終わりました。

この結果を受け、2019年秋に
消費税が10%へアップすることがほぼ確定。

公明党には、「公約した」軽減税率の導入に向け、
自民党に精一杯抵抗してもらいたいです。

にしても、
今回の選挙の投票率は、50%強。

今回、選挙に行かなかった奴らは、
消費税が上がることをどう思っているのでしょうか?

まぁ、貴重な選挙権を放棄している時点で、
奴らに文句を言う資格は一切ありませんけどね。


自民党公明党の与党が、
3分の2の議席を確保したことで、

選挙が行われる前より、
由々しき事態となりました。

国会において、
憲法改正の発議”が可能になったのです。

憲法改正の発議とは、
日本国憲法を改正するかどうかを
国民に問うための憲法上の手続きです。


でも、同時に
“チャンス”が1つ生まれました。

時期が多少前後するかもしれませんが、

次の衆議院解散選挙が、
2019年夏以降に行われる可能性が生まれました。

2015年、消費税を8%に上げる前にも、

「民意を問う」として、
2014年秋に解散した安倍政権のことです。

憲法改正の発議の前に、
おそらく解散選挙を仕掛けてくるはず。

すでに2019年夏には、
参議院選挙が確定していますが、

衆議院選挙とのダブル選挙になる可能性も
十分考えられます。

もちろん、解散のテーマは、
憲法改正に、賛成か、反対か」です。

その時の選挙が、
安倍政権を退場させるだけではなく、

戦後ほとんどの期間、政権に居座り続けた
自民党政権を退場させる”最後のチャンスになるでしょう。

立憲民主党をはじめ、野党には、
新党を作り過ぎて、批判票を奪い合った結果、

安倍政権に漁夫の利を与えた
今回の選挙結果を大いに反省して、
次回の選挙に臨んでもらいたいです。


他人にあれこれ言うだけではなく、

僕自身も2019年に向けて、
今から“準備”をします。

今回の選挙に向けて、

くたばれ、アベノミクスアベノミクス批判)
軽減税率は、どこへ消えた?(消費税の話)
保育士・待機児童問題(タイトルの通り、そのまんま)

と書いてきたものの、大いに準備不足で、
付け焼き刃な内容だったことを認めます。

ワタクシ、反省。

一応、断っておきますが、

準備は、もちろん
“ひと言もの申す”トレーダーとしての準備ですよ。

f:id:enishi-san:20171023143438j:plain

 

ここまで読んでくれた人に、
ひとつだけお願いがあります。

自分に何かできることはないか、

スマホで暇をつぶす余裕があるなら、
その時間を少しだけ使って、考えてください。

自分にできることを少しずつ。

小さな行動が、
必ずや将来の大きな変化に繋がります。

僕を含め、
人は時に間違いを犯す生き物です。

しかし、その間違いを反省し、

自分の信じる未来へ、
一足を踏み出すこともできます。

人には、等しく善なる心があるのですから。


その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧