運動音痴ランナーのマラソン放言日記

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、マラソン・ランニング・世の中について ひと言もの申ーす!ブログ。目指すか、福岡国際。

トレードによくある「たら・れば」の甘い誘惑 ~あぁ、ここで買っていたら~

f:id:enishi-san:20170922144530j:plain

こういう綺麗に上昇しているチャートを見て、

「ここで買っていたら、今頃大勝ちしているのになぁ~」
と思ったことは、ありませんか?

僕は、もちろんありますよ。ありますとも。

トレードを始めた頃に比べれば、回数は減りましたが、
いまだに「たら・れば」を考える癖は抜けません。


次に載せるのは、僕が実際に「たら・れば」を考えた
最近の豪ドル米ドルのチャート(1時間足)です。

f:id:enishi-san:20170922144443j:plain

1つ目の赤四角で買い、
2つ目の赤四角で売り決済したトレードでしたが、
決済した直後どうなったか。

ご覧の通り、伸びてるー。
上昇を狙った判断自体は合っていました。


この結果を知ったとき、僕が思ったのは、

「ここ(=2つ目の赤四角)で損切らなければ、勝ってたのに・・・」

でも、現実はというと、

ここで損切って、ポジションは決済しているから、
このトレードでは負けているし、

最初のチャートの例に戻れば、
ここで買っていないから、大勝ちしていません。

(´・ω・`)


自分にとって都合の悪い出来事が起こると、
ついつい「たら・れば」について考えてしまいます。

「たら・れば」の誘惑に負けて、
“タラレバの世界”を考えることは、
とても困ったことに、非常に心地良いのです。

上の二例からわかるように、“タラレバの世界”を考えれば、
都合の悪いことから目を背けられるからです。

「たら・れば」の後には、
自分にとって良いことしか、起きないのですから。

・買ってい“たら”、大勝ちしている
損切りしてなけ“れば”、勝っている

ね。

大勝ちすることも、勝つことも、
概ね良いことだと言えましょう。

反対に、「買っていたら、大負けしているのに~」
とは考えないところが、人間の脳みその面白いところでもあります。


「たら・れば」の誘惑は断ち切りにくい。
それは、僕自身の経験からも実感しています。

でも、タラレバの世界にいる限り、
何も変わりません。絶対に。

よしんば、「よし! 次はがんばるぞ!」と、
福原愛ちゃんのように、胸の前で小さくガッツポーズしたって、無駄です。

運良く、今回と同じような状況が巡って来たとしても、
自分の実力が今回と何も変わっていなければ、
おそらく機会を見逃すことでしょう。

で、また「あぁ、ここで買っていたら(以下、省略)」
と、タラレバの世界へ戻っていきます。

「よし! 次はがんばるぞ!」なんていう
精神論にすがっている限り、

「よし! 次はがんばるぞ!」
⇒チャンスを再び見逃す
⇒「ここで買っていたら(以下、省略)」

「よし! 次こそはがんばるぞ!」
⇒チャンスを三度見逃す
⇒「ここで買っていたら(以下、省略)」
⇒・・・

という無限ループの中です。


精神論でどうにかなる問題なら、
とっくのとうに解決できているはずです。

じゃあ、どうすれば、
“タラレバの世界”の先へ行けるのか。
無限ループから抜け出すことができるのか。

「たら・れば」の前にある言葉「買っていたら」を、
「じゃあ、どうすれば買えるのか?」に変えるのです。

「じゃあ、どうすれば買えるのか?」
という質問を真剣に考えます。

具体的には、チャートを印刷し、
買いたいポイントに赤丸をつけ、
「どうすれば、ここで買えるか?」と書く。

f:id:enishi-san:20170922150333j:plain

この赤丸は、説明の参考にチャートに記入しただけで、
実際に買いポイントになるかどうかはわかりません。

買いたいポイントを書き終えたら、
この紙を普段目につくところに置いておきます。

1週間くらい経てば、
何らかの答えが出るでしょう。

もし答えが出なければ、
今の自分には無理なポイント(=ムリポ)と割り切り、
さっさとあきらめた方が良いと思います。


「たら・れば」を考えているときには、
何の役にも立たない脳みそですが、

「じゃあ、どうすればいい?」を真剣に考えれば、
非常に役に立つ脳みそ。

「たら・れば」はトレードに限ったことではなく、
マラソンについても同じく言えることです。

「故障しなければ、もっと速く走れるのに」
と思っているだけでは、何も変わりません。

「故障しないようにするには、どうすればいい?」
と考え始めると、何かが確実に変わり始めます。

脳みそは、誰にも平等に1つ与えられています。
脳みそをどう活用するかは、あなた次第です。


その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧