ひきこもりランナーのマラソン時々日記

走るのは好きだけど、外に出るのが嫌いなオタクマラソンランナーが、日々の練習についてダラダラ更新する日記です。自己ベストは、サブエガ。

思いっ切り、後ろ向き ~後ろ向きになることも、時には大切さ~

目標に挑戦することは、良いことかもしれません。
もしかしたら、素晴らしいことかもしれません。

しかし、目標に挑戦した結果、
目標の達成に失敗したら、落ち込みます。

時には、その結果がひどすぎで、
落ち込むどころか、笑ってしまうこともあります。

今回の防府マラソンの結果
まさにそうでした。


年末の防府マラソンに向けて、
2016年6月から合計7か月弱トレーニングを積んできました。

トレーニング期間中、
高地トレーニングや新しいタイプの練習メニューなど
色々試して、しっかり準備を積んできました。

いざ、本番。

結果は、自己ベストをたった3分しか更新できず、
目標タイムには4分以上足らず。


もぅ、がっかり。
あぁ、がっかり。

「まったく、イヤンなっちゃうわ」って感じで、
フェイスブックでタイムを公表する気にならず、

ブログの更新も、4ヶ月ほど放置していました。
ブログの更新を放置するのは、いつも通りですが。

スポーツマンは、爽やかで前向きな人種だという
なんとなくの印象がありますが、

少なくとも、
この文章を書いているマラソンランナーは、

ちょくちょくガッカリして、
イジイジするくらい後ろ向きです。


ただ、気持ちが落ち込んでいるときには、
思う存分、落ち込めばいいのです。

「今回の経験を次回の糧にしたいです」
なんて、聞こえの良いセリフ、No Thanks.

フェイスブック上で、
無理に明るく振る舞う必要もありません。

前向きな投稿だらけのフェイスブックを眺めると、
この人たちは一体いつ気持ちの整理をしているんだろう?
ロボットなのかしら?

と、不思議で不思議で仕方ありません。


気持ちが落ち込んでいるときに落ち込まず、
無理に前向きになろうとすることは、

自分の正直な気持ちを無視すること。

こんなことを繰り返せば、
いずれ大きなしっぺ返しを受ける羽目になります。

某国アメリカの人たちのように、
少し気分が落ち込んだからと言って、
抗うつ薬を服用するのは、末期症状です。

抗うつ剤なんてのは、
副作用がものすごいんですから、

うつ病のときに、医師の適切な指示の下、
服用すればよろしい。

通常のメンタル状態の時に服用するのは、
何か間違っている気がします。


ガッカリしたときには、ガッカリ。
しょんぼりしたときには、しょんぼり。

(´・ω・`)

自分の気持ちには、
正直にありたいものです。

ガッカリとか、しょんぼりとか、
ムカつくーとか、悔しいとか
そう思う後ろ向きな気持ちも、自分の一部。

人間の心は、前向きな気持ちだけで
構成されているのではありません。

ガッカリし尽くせば、
しょんぼりし尽くせば、
自然と気持ちは前向きになります。

人間の心には、
超回復の力が備わっています。

前向きになるために、
抗うつ剤なんて必要ありません。

抗うつ剤は、ゴミ箱へポイッ。


最後に、この言葉をもって
今回の文章を締めたいと思います。

前向きな人は、陽気。
後ろ向きな人は、陰気。

常に前向きな人は・・・


病気。


 その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧