読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりランナーのマラソン時々日記

走るのは好きだけど、外に出るのが嫌いなオタクマラソンランナーが、日々の練習についてダラダラ更新する日記です。自己ベストは、サブエガ。

トレーダー向け・ちょっとお得なFX口座の開設方法 ~勝つトレード心理にも共通する三つの注意点~

FX・投資・トレード

トレーダー向けのちょっとお得なFX口座の開設方法とは、

げん玉moppy(モッピ―)といったポイント還元サイト経由でFX口座を開設することです。

f:id:enishi-san:20160520174753j:plain

 

その上でFX業者がそれぞれ設定した「条件をクリアすれば

FX業者1につき、大体5000円から2万円相当のポイントがもらえます。

 

肝心なその「条件」とは、片道10万通貨の取引や30万通貨の取引などです。

具体的な条件は、FX業者によって異なるので、詳細は各自で確認してください。

 

これらの条件は、トレード経験がない一般人には難しくても、

多少のトレード経験はあるトレーダーならば、楽勝でクリアできるはずです。

万が一、トレーダーでありながら、この程度の取引をクリアできなと感じるのであれば、

そんな人はトレーダーを名乗るのを止めた方がいいと思います。

 

 

〇口座開設以外のポイントを稼ぐ方法

ポイント還元サイトでポイントを稼ぐ方法として、よく紹介されている方法に

無料会員登録クレジットカードの申込があります。

 

この2つの方法は、FX業者の口座開設ほど薦められません。

 

まず、無料会員登録は効率が非常に悪いです。

無料会員登録をしてもらえるポイントは、

つのサイトにつき数十円から数百円、多くても1000円相当

わざわざ個人情報を入力する手間をかけてもらう金額ではないと、僕は思います。

だから、この方法は、トレーダーに限らず、万人に薦めません

 

また、クレジットカードの申込、トレーダーにはあまり薦めません。

というのも、トレーダーという職業は、クレジットカードの審査に落ちやすいからです。

会社員ならほぼ確実に審査に通りますが、職業がトレーダーだと、審査に落ちることがあります。

実際に、僕は某ヤマダカードに申し込んで、審査に落ちましたω・`)

ダメ元で申し込んでみて、トレーダーという職業の社会的信用度を

調べる実験としては、非常に面白いとは思います。

 

 

〇条件クリアに必要なコストと、その10倍以上のリターン

条件をクリアするためには、証拠金として業者に預ける元金が必要になるだけではなく、

“新規エントリー後、即決済”という方法を用いれば、

スプレッド+α分だけお金を払うことになるため、ある程度コストもかかります。

 

しかし、取引のコストとして掛かる金額、数百円から千円前後です

対して、もらえるポイント、すなわちリターンは

最低でも5000円程度から、還元額が高い会社では2万円以上になります

 

コストに対するリターンは、10倍から50倍。

会社によっては、100倍なんてリターンもあります。

10倍のリターンならともかく、100倍なんてリターン、

実際の1回のトレードでは、まず起こりえません。

 

もし1回のトレードで100倍のリターンをゲットできることを宣伝る広告があったら、

それこそ眉唾もの。疑った方が無難だと思います。

インチキ広告はともかく、これほどリターンの良い取引、リスク対リワード比の良い取引は、

そう転がっているものではありません。是非活用したいところです。

 

なお、もしリターンがコストの2倍程度

条件クリアのためにかかるコストが5000円に対して、

もらえるポイントが1万円相当のポイントであれば、話は別です。

 

2倍のリターンであれば、他のFX業者に比べると、割に合わないと思うので、

そんな湿気たFX業者に口座を開設するのは止めておいた方がいいでしょう。

ただ、この辺の判断は各人の価値観に拠るところが大きいです。

 

 

〇三つの注意点

この方法でポイントをもらうときの注意3つ挙げておきます

 

.慎重に注意事項を読むこと

一つ目の注意点は、

条件をクリアするための注意事項を“慎重に読む”ことです。

 

大抵の条件では、

「○○日以内に、片道△△通貨以上、~~までに口座残高□□円以上」

と書かれているので、この例に沿って説明します。

 

まず、「○○日以内」という期日についての説明は不要でしょう。

 

次に、「片道△△通貨以上」 という取引量です。

取引量が片道の取引量なのか、それとも往復の取引量でいいのか。

往復でいいなら、条件のクリアが楽になるのですが、

残念ながら、大抵のFX業者では、取引量は片道に設定されています。

 

最後に、「~~までに、口座残高□□円以上」という口座残高です。

FX業者によっては、ある期日まで、一定の金額を口座に残しておく必要があります。

「トレード完了、よし全額出金だ」と、出金手続きをしてしまうと、

条件がクリアできなくなってしまうので、気を付けましょう。

ちなみに、口座に残す金額は大抵1万円前後と、

本業のトレードには影響は出ない金額が多いので、この点は安心です。

 

冒頭の条件の例には書きませんでしたが、

極まれにある注意事項が、「取引量に含める通貨ペアが限定されていることです。

ユーロ円は取引量に含めるけど、ドル円はダメ!取引量に含めないという業者中にはあります。

 

ドル円は、スプレッドが狭く、取引コストの低いので、

条件クリアのための取引に利用したくなります。最有力候補です。

しかし、ドル円が取引対象通貨から外されているにもかかわらず、取引してしまうと

その取引は単なるお金の無駄遣いに終わります。

 

この注意事項を知らずに、

あとで注意事項を読み、ドル円が対象外であることに気づくと、

「数百円、無駄遣いしたー、Shit」。

これまたガックリとなりますし、ガックリしました_||○

 

10万通貨以上の取引など条件そのものは、

トレーダーにとっては簡単な条件です。

とはいえ、見落とすとあとで、

Σ(дlll)ガーンとなる注意事項が含まれていることがあるので気を付けましょう。

 

 

.チャンスを待つ

二つ目の注意点は、ポイントが高くなる機会を待つことです。

 

FX業者に口座を開設して、条件をクリアすると、

通常の場合でも5000円から2万円相当のポイントもらえます。

このポイント量は高額なので、すぐさま申し込みたくなる気持ちはわかります。

 

でも、はやる気持ちを抑えて、少し待ちましょう。

 

さらにポイントがUPする時があるからです。

期間限定で、通常より5000から1万円相当、もらえるポイントがUPすることがあります

せっかく同じFX業者に口座を開設するなら、ポイントが高くなっているときを狙いましょう。

 

げん玉であれば、「期間限定!タイムセール」欄か

あるいは「赤字覚悟!大還元コーナー」欄にあるとき

f:id:enishi-san:20160520165545j:plain

f:id:enishi-san:20160520165612j:plain

moppyであれば、「ポイントアップ中」で検索に引っかかったときか、

Pアップ中」という記載が広告の上段にあるときが狙い時です。

f:id:enishi-san:20160520165706j:plain

f:id:enishi-san:20160520174912j:plain

 

ある業者に口座開設を申し込んだ後で、その業者がポイントUPしていることを知ると、

まぁ、ガッカリします。例えば、1万円から15千円相当のポイントへポイントUPだと、

差額は5000円です。たった5000円なのに、普段のトレードのコストとしては

スワップ金利程度の額なのに、もの凄く凹みます。経験者は語る。

大きく利益が乗ったポジションを決済した翌日に、チャートを見たら、

もしポジションをまだ持っていれば、利益がさらに伸びていたことを知り、

しょぼーんとする気分に似ています。

 

 

.欲張らないこと

三つ目の注意事項は、欲張らないことです。

 

キャンペーンの条件を満たすためのトレードで、利益を出そうなんてゆめゆめ考えないことです。

例えば、ドル円を10万通貨買って、“もし”エントリーポイントから10pips上昇したら、

1万円ゲットできるからといって「まさに一石二鳥じゃね」なんて、決して考えないこと。

とっても大切なことです。

 

そんな要らぬ欲を張ると、大抵は反対に10pips下落して、1万円

仮に1万円相当のポイントをもらえる場合でも、トータルではプラマイゼロ。

5000円相当ポイントをもらえる場合なら、5000円の赤字

せっかくもらえるポイントが無駄になるのがオチです。

 

成行でエントリーしたら、さっさと決済注文を出してしまいましょう。

損失がスプレッド+α分で済めば、上出来です。

逆に、キャンペーンの条件を満たすためのトレードで利益が出たとしたら、

この幸運を別の機会に埋め合わせることになるはずなので、気を付けた方がいいと思います。

 

 

〇まとめ

三つの注意点をまとめると、

慎重に注意事項を読み、ポイントUPの機会を待ち、トレードで利益を出そうとは欲張らないことです。

慎重に、チャンスを待ち、欲張らない。

短くまとめると、実際のトレードで必要な心構えとほとんど同じです。

 

 

ちなみに、トレーダーにとって一番のハードルは、

口座を開設したことのないFX業者が、ポイント還元サイトの対象リストにほとんど残っていないことです。

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧