運動音痴ランナーのマラソン放言日記

運動音痴(略して、うんち)のオタクランナーが、マラソン・ランニング・世の中について ひと言もの申ーす!ブログ。目指すか、福岡国際。

3度目の正直で、サブスリー ~2016板橋Cityマラソンの大会結果~

2016年3月20日(日)、
2016板橋Cityマラソンに参加してきました。

f:id:enishi-san:20160428101705j:plain

<タイム>
Start  00:00:09
5K  00:19:33  0:19:24(3'53/㎞)
10K   00:38:11    0:18:38(3'44/km)
15K   00:56:59    0:18:48(3'46/km)
20K   01:15:54    0:18:55(3'47/km)
21.0975K    01:19:58
25K   01:34:46    0:18:52(3'46/km)
30K   01:54:09    0:19:23(3'53/km)
35K   02:17:53    0:23:44(4'45/㎞)
40K   02:43:40    0:25:47(5'09/km)
Finish 02:54:50   0:11:10(5'06/km)


今回のレースは、30㎞ペース走(ペース:3'45/km)+12.195kmジョグとして走ったので、
30km以降のタイムは度外視です。ラスト2.195kmのタイムは、過去ワーストでした。えへっ。

それでも、前身の荒川市民マラソンを含め、板橋Cityマラソン3度目の挑戦にして、
風吹き荒れる荒川河川敷のコースで初めてサブスリーを達成できたのは、ちょっとだけ嬉しいです。


感想は脇に置いておくとして、
レース内容をちょっと振り返ってみます。

まず、最初の5㎞をゆっくりと入る予定が、
この時点で、平均3'53/㎞は、ちょいと速かったです。

最初の2㎞を4'00/kmで走っていながら、平均3'53/㎞になっているのは、
残りの3㎞を、3'53/㎞よりかなり速く走っていることになります。

おそらく、規定タイム:3'45/km近くで走っているはず。

スタートしてからまだ2㎞しか過ぎていないのに、規定タイムにペースアップしているのは、
かなり気持ちが焦っていたのだと思います。

さらに、ペースアップした後も、そのペースを維持することができずに、
どんどんペースが上がっているのも問題です。

これらの課題を踏まえると、次回のレースでは、

・最初の5㎞は、自分が思っている以上にゆっくりペースでOK!
 具体的には、4'00/㎞から3'55/km、どんなに速くても3'50/kmよりは遅く走ること

・規定タイムまでペースアップしたら、そのペースで留まれるようにすること

この2点を確実に遂行できるようにしたいです。


初めて、フルマラソンを“30㎞ペース走+12.195㎞ジョグ”として利用してみました。

感想は、「きつかった」の一言に尽きます。

「30㎞以降はジョグだから、楽勝でしたよ~AHAHAHAHAHAHA」と、
君に届け』のケント師匠のようなセリフを言おうかな♪と思っていたのですが、無理。

太ももが痛くて痛くて、給食コーナーのお菓子を一つしか取れませんでした。

菓子パン(クリームパン)を食べたら、口の中がモチャモチャするし。
乾燥梅肉は塩分が強すぎて、いつまでも塩っ気が口の中に残るし。
フィニッシュ地点のシャーベットは、半分溶けかかっているし。
帰りに立ち寄った、タカノフルーツパーラーのマスクメロンパフェは甘いし。


食べた物をひたすら列挙している内に、
僕は一体何を書こうとしたのか、忘れてしまったので、
この辺で筆を置くことにします。

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧