読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりランナーのマラソン時々日記

走るのは好きだけど、外に出るのが嫌いなオタクマラソンランナーが、日々の練習についてダラダラ更新する日記です。自己ベストは、サブエガ。

不完全燃焼・・・だ ~第44回八王子ロードレース(一般男子、10㎞の部)大会結果~

・タイム:36'03(3'36/㎞)
・ラップタイム:
 3'20 - 20 - 20 - 29 - 35,44 - 48 - 50 - 48 - 45
 (前半5㎞が緩やかな上り、後半5㎞が緩やかな下り)

・順位:3位/20人弱

f:id:enishi-san:20151208155729j:plain

 

先月の5㎞の大会では、まさかの失格を経験してしまったので、
今回の10㎞レースでリベンジです。
かなり本気モードで挑みました。

・レース前1週間、トレーニングの強度を下げる(例えば、ペース走ならば、3'50前半/㎞ではなく、3'55/㎞)
・ポイント練習は、週1回だけ行う
・レース前日のEvoluランニングクラブの練習会は、自主休講

レース当日では、
・レース30分前に、アミノ酸を摂取
・アップ用シューズで、5~10分ほどジョグ
・体感ストレッチで、筋肉のスイッチを入れる

そして、何よりも
・このみん(=鈴木このみ)の音楽で、気合注入!

準備バッチリです。


DAYS of DASH Sakurasou no Pet na Kanojo ED Single Full Ending さくら荘のペットな彼女 HQ



レースに向けた調整を、できることはすべて行い、
当日のレースでも、事前に建てたプランを“ぼぼ”実行できました。

レースプランは、
「残り500mまで先頭集団の中で走り、そこからラストスパートする」というプランでした。

ただ、“ほぼ”という言葉を使ったことからわかるように、
実行できなかったことが一つだけありました。

ラストスパートするということです。

想定とは異なり、残り500m地点では、
ラストスパートする余力は、もうどこにもありませんでした。残念。

だから、現在の自分の実力はすべて出し切ったはず
・・・なのですが、なんだか引っ掛かりを覚えます。

 

<レース回顧>
最初の1㎞をゆっくり入り、2番手集団(3人)でレースを進める。

最初から飛ばして走る、大学生らしきランナーが一人いたけれど、
付いて行ったら間違いなくオーバーペースなので、放置。

3㎞過ぎで、
ペースが落ちてきた先頭のランナーを吸収し、4人の集団となる。

5㎞手前で、
先頭を走っていたランナーが遅れ始め、3人の集団に。

5㎞以降は、緩やかな上り。

ペースが明らかに落ちたけれども、
集団から抜け出すほどの余力はなく、集団にくっついて行くのが精いっぱい。

7㎞過ぎで、“きつくなったら、ペースアップをしてみよう”というある本のアドバイスに従い、
ペースアップするも、10秒ほどで疲れて、また元のペースに戻る。

残り1㎞地点を通過し、あとはラストスパートするだけと思っていたけど、
そんな余力はどこにもなし。集団にくっついて行くので、精一杯。

残り500m地点で、別のランナーがやっぱりラストスパート。
「あぁ、離れていくー」「あぁ、キツイー」「サーキットよりキツイー」と思いつつ、
ゴールまでなんとか走り切る。

1位とは20秒、2位とは7秒の差がつき、
3位でフィニッシュ。


以上、レース回顧終了。

 

f:id:enishi-san:20151208155841j:plain

今回のレースで、初めて表彰式に立ち、
トロフィーをもらうことができました。

30年近く生きてきて、初めての経験です。
いや~、長生きするもんですね。

サッカーや野球といった球技が大の苦手な運動音痴、
略して運痴、カタカナで書くとウン〇な僕でも、
ここまで走れるようになるとは、感慨深いです。


また、先頭集団の中で、最後までレースを行うことができたのは、
今回のレースが初めてなので、とてもいい経験になったと思います。

でも、レースプランのように、ラストスパートできなかったので、
「なんだかなぁ~」という感じが拭えません。

それとも、後半の5㎞がかなりペースダウンしているのが、
課題なのでしょうか。う~ん。

何か反省点・課題を見落としている気がします。


レース当日の夜に見た夢の中では、おネェ系のコーチが、

「速く走っているつもりかもしれないけど、腕振りがなってないのよ」
と言っていたので、課題は腕振りなのでしょうか。どうなんでしょ。

 

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧