ひきこもりランナーのマラソン時々日記

走るのは好きだけど、外に出るのが嫌いなオタクマラソンランナーが、日々の練習についてダラダラ更新する日記です。自己ベストは、サブエガ。

勉強したら、あとは実践あるのみ ~ランニングシューズセミナーの感想 9月27日参加~

〇セミナーの流れ
1.シューズセミナー(質問自由)
2.体感トレーニングのラインウォーク実演
3.野村シューズマスター直々のシューズフィッティング(片足)
4.持参したランニングシューズの靴底診断+アドバイス+サイズ選定
5.ダンボール製インソールの工作タイム

セミナーの内容を全て書くのは、面倒くさいので、
この中から印象に残った内容をいくつかピックアップして書いていきます。


1.シューズセミナー
・ランニングシューズの選び方の大原則
・ランニングシューズをチェックする2大ポイント
・足のサイズの正しい測り方
・サイズダウンするときに乗り越える壁
・ブログで書くと炎上するから、セミナーでしか話せないゴミシューズ、アシックソのお話
などなど、盛り沢山。

・ジョグは、トレーニングシューズでゆっくり走らなければいけない
・普段履きのシューズに、ランニングシューズはダメ
ウェーブライダー18は◎だけど、17は×

といった主張を、「なぜそう言えるのか?」という理由・根拠から丁寧に説明してくれるので、
頑固な僕でも、「・・・なるほど、そうなのか」と納得が行きました。

セミナーを聞いていると、いろいろ質問したいことが湧き出てたけれど、
セミナー中に、自由に質問できたので、その都度、質問して疑問を解消できました。

もしかしたら、僕がセミナー中にしょっちゅう質問していたから、
途中から質問自由になったのかもしれないけれど、その辺の事情はよくわかりません。

セミナーの参加人数が5名という少人数だったので、とても質問しやすい雰囲気でした。
まぁ、僕は参加人数が100人だろうと200人だろうと遠慮なく質問しますが。

・ブログで書くと炎上するから、セミナーでしか話せないゴミシューズ、アシックソのお話
は「実に面白い」と思う一方で、少し憂鬱な気持ちにもなる内容。

セミナーでしか話せないこと、
要はランナーのためにならないシューズや足をダメにするシューズの批判を書くと、

「これで飯食ってるんだ、ふざけんな」と、
クレームを言う輩がダニのように大量発生して、ブログが炎上するらしいです。

僕に言わせれば、そんなゴミを売っているお前らがふざけんな。Fuck。

ゴミを売ってお金を稼ぐような、人のためにならないビジネスならば、
潰れた方が世のため、人のため。

やっぱりお金が絡んでくると、いやな現実だなぁ、と思う内容でもありました。


3.野村シューズマスター直々のシューズフィッティング
実際に野村さんにシューズフィッティングしてもらうと、
自分でやったシューズフィッティングとの違いが実感できます。

野村さんがすると、足の甲がキツくないけど、足にフィットしている感覚。
僕がすると、足の甲がキツい割に、あまり足にフィットしていない感覚。
こりゃあ、ダメだぁ。

「シューズフィッティングは上達するためには、場数を踏む練習がある」と言っていたので、
このフィットした感覚を忘れないうちに、要練習なり。

 

4.ランニングシューズの靴底診断+アドバイス+サイズ選定
一人一人、持ってきたランニングシューズの靴底を診断してもらい、
アドバイスとサイズ選定をしてもらえます。

<僕の靴底診断>
かかとのソールがあまり減っていないのに対し、つま先から中足部のソールが減っている。
軸足である左足のかかとは多少減っているけど、右足はほとんど減っていない。

<靴底診断から導ける結論>
ジョグのペースで、フォアフット着地になっている。
しかも、この着地が、今のハムストリングと中殿筋の故障の一因になっている可能性あり。

<アドバイス>
6'00/㎞のジョグでヒールストライク(かかと着地)を行えるようにするべし。

ここまで論理的に説明されてしまうと、うなずくしかありません。
今抱えている故障の原因を、また一つ解明することができ、とても収穫のあるアドバイスでした。

ちなみに、サイズ選定は、すでに選んでいたサイズで良いとのこと。
それでも、右足の親指の爪が黒爪になってしまったので、ちょっと複雑な気持ち。
あとは、シューズフィッティングのスキルを上げる必要があるんだろうなぁ。


合計4時間に渡るセミナーは、とても充実した内容でした。
抱えていた疑問が解消できて、スッキリした気分です。

一週間続いた便秘が解消したときの気分に匹敵します。
まぁ、僕は便秘になったことが一度もありませんが。

中でも、特に、様々な主張の理由・根拠をしっかり聞けるセミナーと、
ランニングシューズの靴底診断+アドバイスが、僕にとっては有意義でした。

ちなみに、セミナーの特典としてDVDが付いてきますが、
いまだに観ていないので、その評価は保留です。

それを踏まえても、このセミナーの内容で15000円は破格の値段設定だと思います。
DVDなしだと、10000円、つまりランニングシューズ1足の値段で、
これだけ内容の濃いセミナーを受講できるのは、素晴らしいです。

野村さんの著書『正しくランニングシューズを選びなさい』を読んだ内容を実践してみて、
「この人の言っていることは、確かに正しい」と納得できたのであれば、
是非一度セミナーを受講してみることを強く勧めます。

 

その他スポーツブログブログランキング参加用リンク一覧 マラソンブログランキング参加用リンク一覧