読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもりランナーのマラソン時々日記

走るのは好きだけど、外に出るのが嫌いなオタクマラソンランナーが、日々の練習についてダラダラ更新する日記です。自己ベストは、サブエガ。

暦物語

12月31日の暦物語 ~今日の暦物語~

戦場ヶ原、蕩れ ―阿良々木暦 「化物語」まよいマイマイ 其ノ參―

12月30日の暦物語 ~昨日の暦物語~

私は特別じゃなかったけれど、そんな阿良々木くんの、特別になれたら、それはどれだけ痛快なことだろうと、思うのよ。まあ……ちょっと大袈裟な物言いになってしまったけれど、阿良々木くん、強いて言うなら、私はただ、阿良々木くんと話すのが、楽しいだけ ―…

12月29日の暦物語 ~昨日の暦物語~

唯一の人間なんて、かけがえのない事柄なんて、ない。人間は、人間だから、いくらでもやり直せる、いくらでも買い直せる ―貝木泥舟 「恋物語」ひたぎエンド 其ノ陸―

12月28日の暦物語 ~昨日の暦物語~

あのときの話……、撫子は、撫子に『おまじない』をかけたあの子を……そのときにはもう、友達と思えなくなっちゃんだ……だけど、そうじゃない道も、きっとあったはずで―― ―千石撫子 「囮物語」なでこメデューサ(原作)―

12月27日の暦物語 ~昨日の暦物語~

そうはいかん。遠慮は許可しない ―神原駿河 「暦物語」こよみウォーター(原作)―

12月26日の暦物語 ~昨日の暦物語~

ああ、消えるっていう言い方がよくなかったですね。わたしは帰るんですよ、阿良々木さん。いなくなりますけれど――いなかったことになるわけじゃありません ―八九寺真宵 「鬼物語」しのぶタイム 其ノ肆―

12月25日の暦物語 ~昨日の暦物語・クリスマスプレゼント付~

それでよい。儂らは互いに互いを許さん――それでよかろう。儂らは過去を水に流してはならんのじゃ。それでも、歩み寄ってはならん理由はなかろうよ ―忍野忍 「偽物語」かれんビー 其ノ肆―

12月24日の暦物語 ~一昨日の暦物語~

理屈とさー、頭痛くなるだけじゃん。人間は考える葦だって言うけど、考えない葦が駄目だって誰が決めたんだよ ―阿良々木火憐 「猫物語(白)」つばさタイガー(原作)―

12月23日の暦物語 ~昨日の暦物語~

なんでもかんでもお兄ちゃんが解決できるわけじゃないんだからさー。色々投げ出して放っておいて、身の程をわきまえて分相応に、人任せにしちゃうのもいいと思うよー? ―阿良々木月火 「憑物語」よつぎドール 其ノ壹―

12月22日の暦物語 ~昨日の暦物語~

誰にも見えないし、どうやっても触れないものなんて、いてもいなくても、そんなの、おんなじことだろう?そこにあることと、そこにないことが、全く同じだ ―忍野メメ 「化物語(上)」ひたぎクラブ(原作)―

12月21日の暦物語 ~昨日の暦物語~

これから大逆転するところだったんだよ、余計な世話を焼かないでくれるかな、お姉ちゃん――僕はキメ顔でそう言った ―斧乃木余接 「偽物語」つきひフェニックス 其ノ肆―

12月20日の暦物語 ~昨日の暦物語~

歩く場所は、べつに道やのうでもええ ―影縫余弦 「暦物語」こよみナッシング(原作)―

12月19日の暦物語 ~昨日の暦物語~

でも、生きていてくれて、ありがとうございました ―阿良々木暦 「傾物語」まよいキョンシー 其ノ肆―

12月16日の暦物語 ~昨日の暦物語~

言っておくが、手加減してもらえるとか思うなよ。俺は弱い者いじめは大嫌いだが――悪い者いじめは大好きなんだ ―エピソード 「傷物語」こよみヴァンプ―

12月15日の暦物語 ~昨日の暦物語~

話してしまいましょうと、阿良々木先輩――阿良々木暦。話せば楽になりますよ――どんなに嫌な思い出も、話してしまえばただの物語です ―忍野扇 「終物語」おうぎフォーミュラ 其ノ壹―

12月14日の暦物語 ~昨日の暦物語~

だけどさあ、お前のせいにでもしなきゃ、やってられないんだ、阿良々木。申し訳ないけど、私の悪者になってよ。もう駄目なんだよ、追いつかないんだよ、親を悪者にしているだけじゃあ ―老倉育 「終物語」そだちロスト 其ノ貳―

12月13日の暦物語 ~昨日の暦物語~

とにかく、何を勉強したかなんてことはいいじゃないか。人間、一生勉強なんだから ―阿良々木暦 「傷物語」こよみヴァンプ―

12月12日の暦物語 ~昨日の暦物語~

噛みま死ね ―戦場ヶ原ひたぎ 「偽物語」かれんビー 其ノ参―

12月11日の暦物語 ~昨日の暦物語~

私が嫌いな人間にも友達がいる。私が嫌いな人間を好きな人もいる ―神原駿河 「花物語」するがデビル(原作)―

12月10日の暦物語 ~一昨日の暦物語~

う、うわあ。ポップコーンだ、やったあ。ポップコーン、口いっぱいに頬張りたいなあ……。息ができなくなるくらい、詰め込みたいなあ。そして噛まずに飲み込みたいなあ ―千石撫子 「暦物語」こよみウインド(原作)―

12月9日の暦物語 ~昨日の暦物語~

信じる、ということは、騙されたがっている、ということだと、俺は思っている ―貝木泥舟 「恋物語」ひたぎエンド(原作)―

12月8日の暦物語 ~昨日の暦物語~

怪異は人とは相容れないが。しかし人がいなければ成立しないものでもある。目撃証言、体験談なくして、怪異譚は成立しないのじゃ ―忍野忍 「鬼物語」しのぶタイム 其ノ貳―

12月7日の暦物語 ~昨日の暦物語~

大人の男は、謝らない。魂の価値が、下がるから ―阿良々木暦 「化物語(上)」まよいマイマイ(原作)―

12月6日の暦物語 ~昨日の暦物語~

はっきり言っておくけれど、阿良々木くん。私の周辺二百メートル以内では、内心の自由など許されていないのよ。表現の不自由、信仰の不自由、思想の不自由が保証されているわ ―戦場ヶ原ひたぎ 「暦物語」こよみフラワー(原作)―

12月5日の暦物語 ~昨日の暦物語~

愛は惜しみなく奪うもの……その辺から! ―神原駿河 「化物語(下)」つばさキャット(原作)―

12月4日の暦物語 ~昨日の暦物語~

この件から俺が得るべき教訓は、人の縁とはどこでどう役に立ってくるかわかったものではないということだな ―貝木泥舟 「花物語」するがデビル 其ノ貳―

12月3日の暦物語 ~昨日の暦物語~

大体、秘密を共有するということは、否応なく相手を巻き込むということですからね。話すことで阿良々木さんは楽になるかもしれませんが、そのことでつらい思いをするのはご家族さんなんですよ? ―八九寺真宵 「偽物語」かれんビー 其ノ壹―

12月2日の暦物語 ~昨日の暦物語~

無理させろよ。好きでやってんだから ―阿良々木暦 「偽物語」つきひフェニックス 其ノ肆―

12月1日の暦物語 ~昨日の暦物語~

お前様よ、これ、全部食べてもよいのか!? ―忍野忍 「偽物語」つきひフェニックス 其ノ参―

11月の暦物語一覧 ~暦物語データベース~

11.1捨てる神あれば燃やす神ありよ ―戦場ヶ原ひたぎ 「偽物語(上)」かれんビー(原作)― 11.2ようこそ。暦お兄ちゃん可愛がってあげるね ―千石撫子 「囮物語」なでこメデューサ 其ノ肆― 11.3人は真実を知りたがる。あるいは、自分の知っているものを真実だと…

11月30日の暦物語 ~昨日の暦物語~

恐れながら、差し出がましいことを言わせていただくが、阿良々木先輩。後輩の女子とお下劣な会話を楽しめないようでは、社会に出てからやっていけないと思うぞ?女性幻想など、早めに捨てておいた方が正解だ ―神原駿河 「化物語(上)」するがモンキー(原作)―

11月29日の暦物語 ~昨日の暦物語・肉の特典画像付~

おいおい、馬鹿なことを訊くなよ、羽川。傷つくぜ。お前がピンチなんだ。僕が駆けつけないわけがないだろうが ―阿良々木暦 「猫物語(白)」つばさタイガー 其ノ伍―

11月28日の暦物語 ~昨日の暦物語~

面倒臭い、という気持ちが、案外人の心を、一番折るものなのだ ―貝木泥舟 「恋物語」ひたぎエンド(原作)―

11月27日の暦物語 ~昨日の暦物語~

阿良々木くんから粗相を受けたら、私に逐一報告なさい。あの男に、山に埋められるか海に沈められるか、嫌いな方を選ばせてあげる ―戦場ヶ原ひたぎ 「化物語」なでこスネイク 其ノ壹―

11月26日の暦物語 ~一昨日の暦物語~

名前をつけるのはことをわかりやすくするためだ ―臥煙伊豆湖 「鬼物語」しのぶタイム(原作)―

11月25日の暦物語 ~昨日の暦物語~

僕は下着姿の猫耳女子高生に、欲情してるだけなんだよ ―阿良々木暦 「猫物語(黒)」つばさファミリー 其ノ肆―

11月24日の暦物語 ~昨日の暦物語~

儂は春休みに、お前様が瀕死の儂を救ってくれたとき、嬉しかったぞ。何も考えずに救ってくれたとき、世界ではないにしても自分の命と引き換えに、わしを救ってくれようとして、嬉しかった ―忍野忍 「傾物語」まよいキョンシー(原作)―

11月23日の暦物語 ~勤労感謝の日の暦物語~

俺のような仕事を生業としている者には、人の気持ちが一番大切なんだ ―貝木泥舟 「恋物語」ひたぎエンド 其ノ肆―

11月22日の暦物語 ~昨日の暦物語~

小さな女の子が可愛かったらそれだけで幸せではないか ―神原駿河 「化物語(下)」つばさキャット(原作)―

11月21日の暦物語 ~昨日の暦物語~

きゃっほーっ!なんでも話しますっ! ―八九寺真宵 「化物語」まよいマイマイ 其ノ貳―

11月20日の暦物語 ~昨日の暦物語~

人生は最後にはプラスマイナスゼロになる――だって?はっ。そりゃあ死んだらゼロになるのは当たり前だっつーの ―斧乃木余接 「終物語」しのぶメイル 其ノ貳―

11月19日の暦物語 ~一昨日の暦物語~

僕がお前と、一生道に迷ってやる ―阿良々木暦 「鬼物語」しのぶタイム 其ノ肆―

11月18日の暦物語 ~昨日の暦物語~

相手のために死ねないのなら、私はその人を友達とは呼ばない ―羽川翼 「傷物語」こよみヴァンプ―

11月17日の暦物語 ~昨日の暦物語~

これは心外なことを言う。俺は嘘と坊主の頭はゆったことがない ―貝木泥舟 「偽物語(下)」つきひフェニックス(原作)―

11月16日の暦物語 ~昨日の暦物語~

こうして裸を見られたということは、儂もまた、お前様に娶ってもらわねばならぬということかのう――我があるじ様よ ―忍野忍 「偽物語(上)」かれんビー 其ノ肆―

11月15日の暦物語 ~昨日の暦物語~

お前が潰れるほど重い幸せなんてこの世にねえ。幸せは、まぶしくもなければ重くもない。幸せを過大評価するな――あらゆる幸せは、お前にとってちょうどいいんだ ―阿良々木暦 「終物語」そだちロスト 其ノ貳―

11月14日の暦物語 ~昨日の暦物語~

ほら、私って蝶よ蜂よと、育てられたから ―戦場ヶ原ひたぎ 「偽物語(上)」かれんビー(原作)―

11月13日の暦物語 ~昨日の暦物語~

もっとも阿良々木先輩、恐縮ながら言わせていただけるのであれば、私は膝頭という言いかたよりも、膝小僧という言いかたの方が好きだ。美少年を二人、自分の膝に住まわせていると思うと、私はほんの少しだけ、幸せになれる ―神原駿河 「終物語」しのぶメイル…

11月12日の暦物語 ~一昨日の暦物語~

不気味だとか、怖過ぎるとか、そんなこと言われたの、初めてだな。みんな撫子のこと、可愛い可愛いってしか、言わないんだもん ―千石撫子 「恋物語」ひたぎエンド 其ノ貳―

11月11日の暦物語 ~昨日の暦物語~

寿命が長いからって年寄りだとは限らねーだろ、超ウケる。本当は内緒なんだがおもしれーから教えてやるけど、実は俺よりもあんたのほうがよっぽど年上なんだぜ。俺は今日、この時点じゃ六歳なんだからよ ―エピソード 「猫物語(白)」つばさタイガー 其ノ肆―